北京から日帰りも可能♪ 風光明媚な済南

 

みなさま ごきげんよろしゅうございます。

今回は、先日の中国レポートのラストになります。

 

北京滞在中、山東省へショートトリップに行きました!

今回訪れたのは、済南(ジーナン)。

 

 

北京南駅から、高速鉄道(中国の新幹線)で2時間。

車内も日本の新幹線みたいに、快適なので

寝たり、本を読んだりして、ゆったり安心して過ごせます。

 

 

山東省の省都・済南

古くから文化的に栄えて歴史の古い都市で、

「泉城」と呼ばれるほど、美しい水が湧き出る泉がたくさんある!

夫が言うには、昔小学校の教科書でこの泉城について習ったらしい。

 

などの話を聞き、想像を膨らませていました。

 

①千仏山

山全体が、隋唐時代に作られた仏の彫刻などがあるお寺と

自然公園になっている。

 

ユーモラスで人間ぽい羅漢の像や、

美しい自然を見ながら頂上のお寺を目指す。

 

山の上にあるお寺からは、街全体が一望できる!お天気の良い日なら

 

美しい仏様の彫刻。なんと隋朝の時もの。

 

 

②趵突泉

ここは本当に北方の都市??というくらい、

南方の水郷のような美しさ。

天然の湧き出る泉と明朝の中国式の建物の組み合わせは、

私が中国で見た中でも、最も美しい風景の1つでした。

女流詩人(李清照)が住んでいたというのも納得です。

 

 

 

③大明湖

その名の通り、大きく開放的な湖。

 

 

蓮の花は中国の夏の風物詩。

たくさん蓮の花に囲まれて・・・

 

早朝に咲くので、満開の姿が見られなかったのが

残念。

 

 

蓮の花は、泥で汚れずに伸びて育つので、

君子の姿としても有名。

柳緑花紅(やなぎはみどりはなはくれない)

 

夏の済南は蒸し暑かったけど、

掛け軸でもおなじみの「柳緑花紅」の禅語の通り、

柳の青々とした姿と、美しく赤い花々が風景を彩っていて、

どこに行っても優雅な気持ちになれました。

この言葉は、もちろん中国から来ているのでその原風景を見られた

気がして嬉しかったです。

 

 

 

今回の小旅行で、また新たに中国の魅力を知りましたが、

中国は広いからまだまだ行ったことないところばかり。

 

 

茶道や日本文化のベースにあるこの土地の文化をもっと知りたいなと思います。

 

 

宗貴

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です