茶道と中国文化を知る意味

 

みなさま ごきげんよろしゅうございます。

 

中国語と中国文化をやっていて良かったなと思うことが

茶道の中でよく感じることがあります。

 

 

やきものも、抹茶も、元は中国から来て、日本に発展したものなので、

茶道と中国の関係は切っても切れないものです。

 

 

特に掛け軸の中の「禅語」。

この間もお稽古でこんなことがありました。

 

 

その日は

時季の菊にまつわる禅語

「採菊東篱下」を掛け軸に使いました。

 

 

この句は下の句があり、これがわからないと全体の情景が出て来ません

 

すると中国人の生徒さんはすぐに、下の句「悠然見南山」が出てきて言えました。

素晴らしいですね。

この句は中国でも1番有名な詩だそうで、

私は茶道の中よりも、まず中国語の授業で知ったくらいです。

 

 

中国語の発音の方が、元のリズムがあるので

何だかかっこいい感じがします。

 

 

茶道を通じて、日本人も中国人も 

お互いの文化と自国の文化を

知ってもらいたい

 

 

「茶道こそ、自国の理解と他国理解が同時にできるもの」

そういう思いでこれからも茶道の魅力を

発信していきたいです。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です